サントリーホール

メニュー

閉じる

公演スケジュール

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン

レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート 2016
武蔵野音楽大学プロデュース
「西洋音楽奇譚―異文化の衝撃と憧れ―」

日時
2016年6月7日(火)

19:00開演(18:20開場)

シリーズ公演はこちら
出演
指揮 & テューバ:村澤啓祐
ソプラノ:増渕茜、木原理菜、五十嵐絵菜、池田瑛香、小澤美咲紀
メゾソプラノ:櫻井陽香
フルート:島田明、中野一麻
オーボエ:太田妃佳里
クラリネット:山田鷹之介、平山慧
サクソフォーン:奈良瞳
ファゴット:金田直道
ホルン:稲吉啓太
トランペット:平木佑弥、廣田あやか
トロンボーン:福島未貴
ヴァイオリン:大久保良明、中田夏希
ヴィオラ:秋山ふみ
チェロ:佐倉圭亮
ピアノ:山内佑太、上田菜緒、渡邊拓也、小泉光平、飯田茜、上坂愛美、久守あさひ、小林雄紀、山本己太郎
料金

自由2,000    (4月12日一般発売)

※メンバーズ先行:4月8日(金)10時~4月11日(月)
 先行期間中は窓口での販売はございません
 4月11日は休館日のため、WEBのみでの受付

曲目
シーボルト採譜/キュフナー編曲:日本の旋律
アイルランド民謡:名残りの薔薇
作者不詳/ディットリヒ編曲:『小学唱歌集第3編』から「菊」
ルルー:『日本および中国の歌』第2集
小原甲三郎/宮崎滋編曲:『明治唱歌第5集』から「なごりの花」
ルルー/池田一秀編曲:分列行進曲
ディットリヒ:『日本楽譜6つの日本民謡』第1集から「サクラ」「地搗歌」
プッチーニ:オペラ『蝶々夫人』から「母さんがお前を抱いて」
ドビュッシー:『映像』第2集から「金色の魚」
マルクス:『歌曲集』第1集から 第13曲「日本の雨の歌」
ドビュッシー/カプレ編曲:『海』3つの交響的スケッチから「海の夜明けから正午まで」「海の戯れ」
ストラヴィンスキー:3つの日本の叙情詩
会場
ブルーローズ
主催
サントリーホール
協力
武蔵野音楽大学
お問い合わせ
サントリーホール
0570-55-0017
聴きどころ
  • 学生による制作レポート

       「日本と西洋」、2つの文化が出逢ったその時、人々は何を感じていたのだろう? その時、音楽にはどのような影響があったのだろう? そんな素朴な疑問からこの企画はスタートしました。演奏会で取り上げる曲はどれも、「日本と西洋」の文化の出会いによって生まれた作品です。日本人と西洋人による作品の中で、2つの文化が奇妙に混ざり合い、不思議な音色を響かせます。
       普段の演奏会で演奏されることの少ない作品がほとんどですが、当日、進行役が作品の「聴きどころ」をお伝えします。
       それぞれの作品がもつ魅力を最大限に表現するために、演奏者は企画・運営スタッフと連携し、先生方のご指導を受けながら日々練習に励んでいます。演奏会を盛り上げようと大学が一丸となり、普段の音楽会とは一味違う、とても多彩なプログラムをお届けいたします。

  • 「海」および「日本および中国の歌」リハーサル風景
  • 「3つの日本の叙情詩」リハーサル風景

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。