水大辞典

知っているようで意外と知らない「水」のことが分かる! 水大事典。「水とからだの関係」や「硬水と軟水の違い」など、水のいろいろが満載です。
監修:東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座

日本の水資源

私たちが暮らす日本の水資源は?

私たちが暮らす日本は、湿潤なモンスーンアジアの東端に位置しています。世界(陸域)の年平均降水量が約810ミリメートルなのに対し、日本の年平均降水量は、およそ2倍の1690ミリメートル。これだけ聞くと、「水環境に恵まれた国」という印象ですが、この降水量に国土面積をかけて全人口で割り、人口1人あたりの年平均降水量を算出すると、日本の場合1人あたり約5000立方メートルとなり、世界平均1人あたり約16400立方メートルの、わずか3分の1程度ということになります。

世界各国の降水量等

世界各国の降水量等

しかも、日本の国土は3分の2が山地。河川が急峻で流路が短く、降った雨はすぐに海へと流れ込みます。雨量も季節によって偏りがあり、太平洋側では梅雨時や台風シーズンに降雨が集中するため、降水のかなりの量が洪水となってしまいます。結果的に降った雨の大部分が水資源として利用されないまま、海に流出してしまうのです。梅雨時や台風シーズンには水害が発生し、それ以外の時期には水不足になる—これは、わが国が毎年のように経験していることです。

各種用水の渇水発生地区数

各種用水の渇水発生地区数

事実、過去40年を振り返ってみても、渇水(※1)が発生しなかった年はなく、特に昭和42年、48年、53年、59年、60年および平成6年には、多くの地域で渇水による深刻な影響を受けました。さらに、近年は降水量が減少傾向にあるだけでなく、少雨の年と多雨の年の、年降水量の開きも大きくなっており、安定的な水の確保がますます難しくなってきています。降水量が多いとはいえ、けっして水環境に恵まれているとは言えないのが現状なのです。

  1. ※1:

    渇水の影響とは次のいずれかに該当する場合をいう。

    水道用水:
    水道事業者が減圧給水、時間断水により給水量の削減をおこなった場合。
    工業用水:
    工業用水事業者が減圧給水、時間断水により給水量の削減をおこなった場合、あるいは需要者に節水率を定めて節水を求めた場合。
    農業用水:
    河川等の流況の悪化、あるいは取水制限に伴い、農業用水管理者が配水量の調整をおこなった場合。

私たちが使う水の量を調べよう

体を維持するための飲み水をはじめ、炊事、洗面、風呂、トイレなど、現代人は日常生活のあらゆる場面で、大量の水を使っています(※2)。
東京都を例にとると、家庭で使う1人1日の水量は平均して約240リットルです(平成19年・東京都水道局調べ)。公衆トイレや公園の噴水、ホテル、デパートなどの公共・共有の水(都市活動用水)を含めると、1人1日約330リットルにも及びます。

【参考文献】
『平成17年度 日本の水資源』 国土交通省
国土交通省ホームページ
(http://www.mlit.go.jp/)
東京都水道局ホームページ
(http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/)
東京都環境局ホームページ
(http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/)
国土交通省関東地方整備局
(http://www.ktr.mlit.go.jp/index.htm)
都築俊文・伊藤八十男・上田祥久/共著 『水と水質汚染』 三共出版
山本忠煕/著 『不思議な水の科学と生活』 文芸社
北野大/監修 『知っているようで知らない「水」の不思議』 大和書房
『環境問題総合データブック2004年版』 生活情報センター
『女性の暮らしと生活意識データ集2005年版』 生活情報センター
東京都水道局ホームページ〜PR情報〜パンフレット〜節水の習慣:上手に使って大切な水
(http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/
water/pp/syuukan/index.html)

くらしと水

  • 水の飲み方は大切
  • 水のリラックス効果
  • 飲料や料理での水の活用
  • 軟水、硬水、炭酸水
  • ミネラルウォーターの分類と効用
  • 清涼飲料水
  • 私たちの生活に欠かせない水
  • 災害のときの水の大切さ
  • 工業用水
  • 農業用水

世界の水文化

  • 「世界水の日」と日本の「水の日・水の週間」
  • 水の都
  • 砂漠(沙漠)の知恵
  • 氷の力
  • 水をコントロールする技術
  • 旅する水
  • 癒しの水
  • 水筒の歴史

水の科学

  • 氷・水・水蒸気…水の三態
  • ものを溶かす天才「水」
  • 水の循環
  • 水の種類
  • 海水と河川の循環
  • 植物と水
  • 魚と水
  • 動物と水
  • 人間と水
  • 出ていく水ととりこむ水
  • 体内での水分の働き

水と環境

  • 日本の水資源
  • 節水の工夫
  • 水を汚さないための工夫
  • 涵養(かんよう)活動
  • 森林の働き
PageTop
このサイトに関するご意見・ご感想をお願いします。