SUNTORY 東北サンさんプロジェクト since 2011

サントリーグループは2011年に
「サントリー東北サンさんプロジェクト」
を立ち上げ「漁業」「子ども」「チャレンジド・スポーツ」「文化・スポーツ」の分野を中心に
総額108億円の規模で
復興支援活動に取り組んでいます。

太陽の光がさんさんとふりそそぐように
笑顔と希望をお届けしたいという思いのもと、
これからも東北の皆さまと共に
活動を継続してまいります。

チャレンジド・スポーツ支援

2014年からチャレンジド・スポーツ(障がい者スポーツ)支援を、7年にわたり10億円の規模で実施

※「チャレンジド」は、「障がいを前向きにとらえ困難に立ち向かっていく者」という思いが込められた米語

チャレンジド・アスリート奨励金

個人・団体への助成を通じ、チャレンジド・スポーツの振興や世界レベルの選手の育成・強化を支援

個人部門 のべ294名。団体部門 のべ129団体

チャレンジド・スポーツ体験教室

アスリートが被災地の学校を訪れて車いすバスケットボールの出張授業を行う「アスリートビジット」など、チャレンジド・スポーツ競技の体験教室を開催

チャレンジド・スポーツ 体験教室参加者数 約1,000名。アスリート・ビジット 参加者数 4,646名

チャレンジド・スポーツ育成サポート

チャレンジド・スポーツの普及および育成のため、公共施設の改修や競技用車いすなどの競技用具を寄贈

競技用車いす 35台、STT用卓球台 5台、施設改修 3ヵ所 他

車いすバスケットボールチームを応援

東北の4つのチーム「宮城MAX」「TEAM EARTH」「ラッセル岩手」「SCRATCH」の活動を応援

チャレンジド・スポーツ支援自販機の展開

2018年7月から車いすバスケットボール日本代表のサポートを目的に、売り上げの一部が強化費として還元される自動販売機の取り扱いを開始

2020年1月時点

ページの先頭へ