東海・北陸のおトクな情報が満載!東海・北陸エリア情報 東海・北陸エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

グルメ

2021/09/01

【北陸BAR紀行Vol.18】福井県の魅力が店内に溢れる「THE BAR 灯火」がJR福井県駅前に誕生!安らぎの空間でシグニチャーカクテル「翠玉」を堪能しよう♪

北陸エリアにお住まいのみなさん、こんにちは。サントリーの北陸エリア担当者が、北陸のステキなBARとそのお店でしか味わえないシグニチャーカクテルをご紹介する「北陸BAR紀行」。第18回の今回は、JR福駅前に7月22日に新規開店したばかりの「THE BAR灯火」です。


■シグニチャーカクテルとは?シグニチャーとは日本語で「署名」のこと。つまりシグニチャーカクテルは、そのバーやバーテンダーにとって代名詞となるようなカクテルを指します。お店を代表するマスターのこだわりが詰まった一杯を、皆さんもぜひ味わってみてくださいね♪

「北陸BAR紀行」の記事はこちら!


■福井県の魅力がたくさん詰まっている♪「THE BAR 灯火」JR福井駅前徒歩1分の好立地にあるプラザホテルビルの2階に、7月22日に新規開店した「THE BAR灯火」。
オーナーの松浦さんは、お客様が親しみやすくて安らげる、ほっとできる場所にしたいという想いとともに、和を中心とした福井の魅力も伝えていきたいという想いから「灯火」をオープンしました。この店名は、かつてお世話になったお店とも関連しており、これまでの感謝の気持ちも込められているそうです。

「LOTUS」の記事はこちら!


店内には、福井の魅力がたくさん!店舗奥の壁は、福井で古くから城壁などに使用されてきた笏谷石(しゃくだにいし)を使用していて、独特の薄緑の色合いと質感が、落ち着いた空間を演出しています。さらにバーカウンターやBOX席の壁には地元の越前和紙を、バーカウンターに飾られる額縁は越前漆器を取り入れているんです。

福井県出身の松浦さんは福井県外での生活が長かったため、地元の方々も気づいていない福井の魅力にたくさん気付いたそうで、来店したお客様に、福井の魅力を伝えたいという想いが詰まった福井愛溢れる空間になっています。
メニューは置かずに、ウイスキーを中心にボトルの裏に値段が記載されたシールを貼付しているので、気になるボトルがあればぜひ松浦さんに声をかけてみてくださいね。

※「THE BAR 灯火」では、新型コロナウイルス感染予防対策として、店内消毒や従業員の体調管理・ウイルス除菌等を行い、お客様同士のソーシャルディスタンスを保てるよう店内配置を工夫し、お客様ならびに従業員の健康と安全を確保しつつ、安心してカクテルをお楽しみいただけるよう営業しています。


■シグニチャーカクテル「翠玉」「THE BAR灯火」のシグニチャーカクテル「翠玉」は、オーナーの松浦さんがこれまでもお客様に提供してきた人気のカクテル。ジャパニーズクラフトジン「ROKU」をベースに、ジャパニーズクラフトリキュール「奏〈抹茶〉」、和糖と和素材にこだわったプロフェッショナル向けの和のプレミアムシロップ「わつなぎ 黒糖」、アーモンドのような香りが特長の「アマレット」を合わせてシェイクした後、サントリー緑茶「伊右衛門」で割って仕上げています。
日本ならではの6種のボタニカルを使用した「ROKU」、緑茶の香味を持つ「奏〈抹茶〉」、そしてサントリー緑茶「伊右衛門」が合わせることで、上質なお茶の香りが広がります。「わつなぎ 黒糖」と「アマレット」が甘いアクセントを与えながら、ジンベースのため後味はすっきりといただけるので、〆の一杯にもおすすめのカクテルです!


シグニチャーカクテル「翠玉」と合わせてお愉しみいただきたいメニューが「えがわの水かんてん(無花果)」です。福井県の水ようかん専門店「えがわ」が夏に出す「水かんてん」は、無花果(いちじく)の爽やかさがとてもおいしく、シグニチャーカクテル「翠玉」とも相性抜群ですよ!
※「水かんてん」は期間限定でのご提供です。


■「翠玉」にはジャパニーズクラフトジン「ROKU」やジャパニーズクラフトリキュール「奏〈抹茶〉」などを使用♪ジャパニーズクラフトジン「ROKU」は、商品名の由来にもなっている日本ならではの6種のボタニカル(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を使用しています。それぞれ旬の時期に収穫、素材の特長に合わせた製法で蒸溜することで、桜の香りや爽やかな柚子とお茶の風味、後味に感じる山椒のスパイシーさなどを引き出しました。伝統的なジンの8種のボタニカルも使用し、日本人の繊細な技術によってバランス良くブレンドすることで、複層的で繊細かつスムースな味わいを楽しめます。「ROKU」のラベルには、地元の越前和紙が使用されていて、福井県との繋がりがボトルからも感じられます。

ジャパニーズクラフトリキュール「奏〈抹茶〉」は、京都宇治産の抹茶と玉露をふんだんに使用しました。抹茶は、石臼で挽いて浸漬させるなど、素材ごとに丁寧に香味を抽出した浸漬酒を、匠の技でブレンドしました。茶葉由来の芳醇な香りと旨み、心地よい苦味を活かした繊細な味わいが特長です。


個性豊かなBARを巡る「北陸BAR紀行」。今回は「THE BAR 灯火」をご紹介しました!次回もお楽しみに!


※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

<THE BAR 灯火>
住所:福井県福井市大手2-6-5 プラザホテルビル2F
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:日曜日・祝日
電話番号:0776-28-2234

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
※各自治体の情報をご確認いただき、感染症対策にご配慮のうえご利用ください。

▼関連リンク
ジャパニーズクラフトジン「ROKU」のサイト
ジャパニーズクラフトリキュール「奏Kanade」のサイト

タグ 北陸BAR紀行

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ