東北のおトクな情報が満載!東北エリア情報 東北エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2019/05/23

【「プレモルの秋田に乾杯!」第15回】地元秋田を盛り上げたい!昔ながらの手作り製法にこだわる「河辺農産加工組合」

秋田を支える地元企業をご紹介し、秋田県を盛り上げたいという想いで連載中の「プレモルの秋田に乾杯」。
第15回目は、昭和53年の創業から、地元秋田の素材を使い、手作りで味噌の製造を行う「河辺農産加工組合」をご紹介します!理事兼事務局長の石塚さんにお話を伺ってきました♪


■「河辺農産加工組合」ってどんな会社?
昭和53年に創業した「河辺農産加工組合」は、味噌・缶詰の製造・販売からスタート。
昔ながらの製法と作業体系を守り、地元秋田で収穫した「あきたこまち」を使った米麹のみを使用しています。添加物も一切使っていません!
河辺地区だけでなく、ほかの地域からも"おいしい"と評判なのは、このポリシーを守っているからこそなんです♪

「河辺農産加工組合」で作られた味噌は、秋田市の学校給食にも使用。秋田の子どもたちは小さい頃からこの味に慣れ親しんでいます。
加工所では、味噌の他にも山菜類や野菜類など、旬のおいしさをそのまま保存する「缶詰加工」の委託・製造も引き受けているほか、「無添加手作りみそ教室」も行っています!世代を問わず楽しめる内容で、家庭に持ち帰った後に10ヶ月~1年で完成しますよ。ご自分の手でオリジナルの家庭の味を作ってみてはいかがでしょうか?


■理事兼事務局長の石塚さんにインタビューしてきました!
「河辺農産加工組合」の主な業務内容は、味噌製造・販売・委託製造(委託製造は缶詰のみ)です。
味噌とご当地素材を使った商品を作り、販売するようになったきっかけは、各農業組合理事が集まり、それぞれのいいものを持ち寄って質の高い加工品を作ろうという話し合いがあったからです。
日々、地場産の質の高いものを素材にし、「よりおいしいものをお客様に届けたい!秋田を盛り上げたい!」との想いを持って仕事をしています。
「無添加手作りみそ教室」の開催や百貨店などの物販ブースでの販売も味噌を広め、受け継いでいくために行っています。


■石塚さんのおすすめはこちら!
・「バリコロ」
秋田ご当地の「大張野(おおばりの)豚」をサイコロ状にカットした物を「バリコロ」と呼びます。「大張野豚」は独自の飼育法により、一般的な豚肉に比べて旨味や栄養価に優れています。味付けは「天狗味噌」を使用! 封を切ってそのままでも、加熱してもおいしくいただけます♪

・味噌汁にオススメ!「天狗味噌」
秋田市河辺地域で作られてきた製法を大切に、「あきたこまち」と大豆(リュウホウ)を使って仕込んだ天然醸造の味噌。じっくりと熟成することで、お米や大豆の甘みを存分に引き出しています! 素材の良さを感じられる味噌汁でどうぞ!

・贅沢な味!「至福味噌」の「銀河」と「女神」
天然醸造にこだわり、じっくりと醸された手作り味噌。甘みと旨味がたっぷりのこだわりを極めた贅沢な味が特長です!ぜひ野菜ディップや焼肉の野菜巻きでお楽しみください♪

・「枝豆ころころおかずみそ(甘口、辛口)」
秋田の発酵食文化を活かせないかと、地元の美大生が開発した「枝豆ころころおかずみそ(甘口、辛口)」。麹(こうじ)を使いながら枝豆の食感を残した食べる味噌で、甘口と辛口の2種類あります。ご飯のおともにもお酒のアテにもぴったり!優しいタッチのパッケージもかわいらしく、お土産にもオススメです♪

■「プレモル」の"深いコク"と相性抜群!「天狗の手作り辛味噌」
唐辛子やニンニクを使ったピリリと辛い味わいが特長の「天狗の手作り辛味噌」。ちょっとした料理のアクセントにオススメです。「プレモル」と味噌の持つコクは相性抜群!「プレモル」の"深いコクと華やかな香り"が、味噌料理のおいしさをより一層引き立ててくれます♪


■石塚さんのプライベートについてお聞きしました!
・石塚さんの趣味は何ですか?
「旅行先・仕事先の飲食店でお酒を飲むことです!」

・あなたにとってのプレミアムな時間とは?
「出張が多いので家族とゆっくり過ごしているときです」

・どんな時に、誰と「プレモル」で乾杯したいですか?
「気の合う仲間たちや、お世話になった方たちと乾杯したいです」

「よりおいしいものをお客様に届けたい!」という石塚さんの熱い想いを感じた今回のインタビュー。これからも「ザ・プレミアム・モルツ」は、地元を大切に想う「河辺農産加工組合」を応援し続けます!

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

▼関連リンク
「ザ・プレミアム・モルツ」のサイト

タグ プレモルの秋田に乾杯!

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ