首都圏のおトクな情報が満載!首都圏エリア情報 首都圏エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2018/10/19

【レポート】サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校に約640名の親子が参加!大自然の中を探検しました♪

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校7・8月に実施した、自然体験プログラムサントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校(山梨県)。多くの皆さんが参加し、豊かな自然の中での森の探検や工場見学を通じて、水の大切さや、水を育む森・自然の大切さを体感していただきました。
今回は、子どもたちのいきいきとした表情があふれる、今年の「森と水の学校」白州校の様子をレポートします!

サントリーは、水や自然の恵みに支えられている企業として、水を育む森を守る「天然水の森」活動をはじめ、美しい水を未来へとつなぐ環境活動を行っています。

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校その想いを、次世代を担う子どもたちに伝えるため取り組んでいるのが、次世代環境教育「水育」です。その「水育」のひとつ、「森と水の学校」は、親子で参加できる自然体験プログラムで、小学校3~6年生とその保護者の方を対象に、「サントリー天然水」のふるさとである白州(山梨県)・奥大山(鳥取県)・阿蘇(熊本県)で、毎年夏に行っています。
今年は、白州校で646名、3校で1,700名の皆さんにご参加いただきました。
(後援:環境省・文部科学省など)

それでは「森と水の学校」白州校での実施の様子をご紹介します!

■白州校は半日の探検を楽しみました!
白州校は、午前コースと午後コースを実施し、各回約3時間で白州の森を探検します。

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校白州の森では、リーダーから森にある木の特徴について教えてもらったり、いろいろな種類の木や葉に触れたり、豊かな自然を体感しました!全身で白州の自然を感じることができましたよ。

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校森の中では、森のふかふかの土のひみつを知るために、水の実験も行いました。ふかふかの土のひみつに驚きながら、真剣な表情でリーダーの説明に聞きいっていましたよ。

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校森を探検した後は、「サントリー天然水 南アルプス白州工場」を見学。森によって育まれた水が、「サントリー天然水」になるまでを学びました。


サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校参加した子どもたちからは、
・「水はどうやって生まれるかが分かった。けんこうな森がないと、水はなくなるので、しょうらい森にかかわるお仕事をしたいです。」(3年生)
・「学校では学んでいないことを教えてもらえて、とても楽しかったです。」(4年生)
・「森と水が深くつながっているとわかり、これから水を大切にしようともっといしきするようになりました。」(4年生)

サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校保護者の方からは、
・「気軽な気持ちで参加しましたが、参加してみて、いかに自然環境を守ることが我々の生活や将来に密接に関係するのかがわかって心底感動しました。」(40代 女性)
・「リーダーが親しみを持って接して下さり、子供も緊張感なく過ごせた。大人にとっても自然の大切さを考えさせられるプログラムでした。」(40代 男性)

など、嬉しいお声をたくさんいただきました。

今年も多くの皆さんに「森と水の学校」にご参加いただき、豊かな自然を体感いただきました。参加した皆さんが、水や、水を育む森の大切さに気づくきっかけとなれば、幸いです。

これからもサントリーは、次世代を担う子どもたちに向け、水や、水を育む森の大切さを伝えるプログラムをお届けしていきます。
来年の「森と水の学校」もお楽しみに♪

※記事下の「いいね!」ボタンから、「森と水の学校」へのコメントや、記事についてのご感想をお寄せください。

<お問い合わせ先>
サントリー水育事務局「森と水の学校」係
TEL:0120-090-017(フリーダイヤル)
受付時間:月~金 9:30~17:30(土・日・祝日を除く)

▼関連リンク
「森と水の学校」ホームページ

タグ サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校
他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ