首都圏のおトクな情報が満載!首都圏エリア情報 首都圏エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

グルメ

2017/07/28

【米川伸生の人生は回転寿司とハイボール!!】魅惑のマグロワールドとハイボール!「まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ポルタ店」

回転寿司評論家・米川伸生さん独自の目線で、回転寿司の魅力やハイボールとの相性などを、紹介していく連載企画「米川伸生の人生は回転寿司とハイボール!!」。第3回目は、横浜の「まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ポルタ店」をご紹介いただきます!

では、さっそく米川さんのレポートをお楽しみください!

その昔の回転寿司店はお酒を置いていなかったり、あったとしてもビール1人1本までと制限している店ばかりだったが、ここ数年、お酒に重点を置いた回転寿司店が徐々に増え始めている。

中でも「まぐろ問屋 三浦三崎港グループ」はお酒に対する思い入れが非常に強く、良いお酒を置くだけでなく、最高の状態で提供することを守り続けている素晴らしい店だ。今回訪れた「横浜ポルタ店」は、先月オープンしたばかりの最新店舗である。

「まぐろ問屋」と店名に付くように、こちらの母体は老舗のマグロ問屋。マグロのメッカ・三崎港をはじめ、全国からその時期に一番のマグロを取り寄せており、マグロには絶大な自信を持っている。マグロメニューもとにかく豊富で、オリジナルのマグロ寿司や1品料理などここでしか食べられない名物も多数ある!もちろん、今日は「マグロとハイボール」をテーマにとことん楽しんでみたい!

まずお願いしたのはフェアメニューから「熟成まぐろ三点盛り」。
こちら三浦三崎港に揚がったメバチマグロを塩漬け、燻製醤油、醤油麹の三種で味付けした一皿。他ではまず食べることができないこだわりの三貫で、醤油がこんなにもマグロの味わいを変えるのかと驚かされる。
この濃厚なマグロには、ビールや日本酒よりも角ハイボールが合う!

こちらの店、実は回転寿司業界の中でもお酒に対するこだわりはトップクラスで、社長自らが足を運び厳選したお酒のみが置かれている。オンタップのクラフトビールからワイン、日本酒、泡盛に焼酎、中には熟成20年物の紹興酒なんてのもある。

もちろん、ハイボールは角ハイで決まり!作り方もまずジョッキに氷を並々と入れ、そのまま15回ステアしてジョッキを冷やし、水を切ってからウイスキーを注ぎ、最後にゆっくりと炭酸を注ぐという王道スタイル。丁寧に作られたハイボール、ウマウマです!

ハイボールに合うマグロをオーダーしたところでてきたのがこちら。

「本まぐろトロ炙り」
やはり炙りとハイボールの相性の良さは絶品!こちらの炙り寿司は、直接バナーで寿司を炙るのではなく、一度、備長炭に当ててからその反射した火で炙るという徹底ぶり。こうするとガス臭さもなく、備長炭の良い香りがほのかに漂ってくる。ハイボールのすっきりとした飲みごたえが、脂を洗い流してゆく感じがなんともよい。

とここで、「まぐろ問屋 三浦三崎港」の名物男・川股竜二氏が登場した。回転寿司グループすべての仕入れを担当する一方、年間150回以上ものマグロ解体ショーを行なっている『マグロ解体職人』である。今回紹介できないのが非常に残念だが、川股氏の解体ショーはとにかく面白い!私もこの目で何百という解体ショーを見てきたが、そのほとんどが「解体作業ショー」でショーとして成立しているのはごくわずか。

単にマグロを卸しているのではなく、目が釘付けになるような面白さとダイナミックさを備えているのが日本唯一のマグロ解体職人・川股竜二のショーなのである。

続いてはマグロ問屋ならではの1品「本まぐろ頭身の大とろ」

こちら1頭から数百グラムしか取れない、超希少部位であるマグロの頭の身。大トロのような脂のりで、これまたハイボール向き。口腔内で瞬殺でとろける味わいは、未知の感覚を覚える方もいることであろう。

さらに研究に研究を重ねて生み出した「塩漬けまぐろ」に再び。

これこそが「まぐろ問屋 三浦三崎港」の真骨頂ともいえる寿司。しっとりかつややがっしりとした食感はこれまで食したマグロにはなかった味わい。マグロの状態を見て1日以上、塩漬けにしているというが、不思議と塩辛さがほとんど感じない。塩とマグロがいい塩梅に馴染んだことにより滑らかな新食感が生まれているのだろう。

ここで知多のハイボールにチェンジ!角ハイとはまた違って、軽やかさがなんとも良い!すだちに柚子胡椒というトッピングがアクセントになっており、「知多 風香るハイボール」の甘い香りとマッチして、より爽やかに感じられた。

〆には元祖名物の「まぐろトロのひっかき」。

この山盛りスタイルは回転寿司の王道。ネギトロの山盛り軍艦は多いが、マグロの脂がのった腹の皮め部分のすき身というのはなんとも贅沢!これも是非、味わっていただきたい1品だ。

マグロの解体ショーで一番お得だと思うのが、骨についた身を削ぎ落としたすき身の中落ち軍艦!普段食べられないカマトロやほほ肉もいいが、山盛りのすき身軍艦にはかなわない。山盛りの身をおつまみとして食べ、合間にハイボールをグビリ。これを交互に繰り返しながら、少なくなったところで軍艦として食べるのが正しい食べ方だ!
ゴチでした。

しかし、今回あらためてマグロとハイボールの相性の良さに驚かされた。濃厚な味わいのマグロはもちろん、脂がのったトロや炙り寿司ともバッチリのペアリング。回転寿司の新たな世界がまた広がった気がする。グレートです。

マグロを極めるのと同様、お酒にもスペシャルなこだわりをみせる「まぐろ問屋 三浦三崎港グループ」。回転寿司店のこれからのあり方を教えてくれるような名店である。食にこだわり、サービスにこだわり、人にこだわる回転寿司店。横浜駅の地下街という環境を忘れさせるくつろぎの時間を堪能できた。

美味すぎるマグロとハイボールのハーモニー、皆さまも是非、味わってください!
さて、次回はどんな寿司とハイボールの世界が待っていることやら!

<米川伸生さんプロフィール>
幼少時から回転寿司の魅力にとりつかれ、全国各地の回転寿司を探望。回転寿司評論家としてTV出演や著作の出版など、幅広く活躍されています。

<米川さん記事 バックナンバー>
(VOL1)【米川伸生の人生は回転寿司とハイボール!!】回転寿司評論家が「磯のがってん寿司 東武練馬店」の魅力を徹底解剖!

(VOL2)【米川伸生の人生は回転寿司とハイボール!!】小田原「あじわい回転寿司 禅」でハイボールとの相性を徹底解剖!

<廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ポルタ>
住所:横浜市西区高島2-16-B1F マルイ出入口側
電話:045-620-6123
営業時間:11:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日:無休

「廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ポルタ」のサイト(外部サイトにリンクします)

▼関連リンク
サントリーウイスキー「角瓶」のサイト
サントリーウイスキー「知多」のサイト

タグ 人生は回転寿司とハイボール

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ