首都圏のおトクな情報が満載!首都圏エリア情報 首都圏エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

グルメ

2017/04/27

【ツレヅレハナコのバーボン1年生】連載第1回目は「ファイヤーキングカフェ」(代々木上原)

どんなお酒も大好きだけど、いまひとつウイスキーは飲みなれない...そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?寝てもさめても、酒とおいしいもののことばかり考えている編集者・ツレヅレハナコさんもその1人。

そんなツレヅレハナコさんが、ウイスキーの魅力や飲み方、食との相性などを紹介する連載企画「ツレヅレハナコのバーボン1年生」がスタート!中でも、ツレヅレハナコさんが最近自宅で飲み始めたという、バーボンウイスキー「メーカーズマーク」が飲めるお店をレポートしてくれます。

新連載の記念すべき第1回目は、代々木上原にある「ファイヤーキングカフェ」をご紹介♪

<ツレヅレハナコさんのプロフィール>
寝てもさめても酒とおいしいもののことばかり考えている編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』など。

■ウイスキーのこと、全然知らない!
ビール、ワイン、焼酎、日本酒、紹興酒......、どんなお酒も大好きなのですが、ただひとつ飲みなれなかったのがウイスキー!

だって、ウイスキーってアレですよね。
「薄暗いバーのカウンターで丸い氷の入ったグラスをカラーン」ってやつですよね。仮にバーへ行っても、ついジンやウオツカ、ラムのカクテルを頼んでしまうので、ウイスキーをロックでという状況自体がレア......。

そんなこんなで、あまりウイスキーとの縁がない人生でしたが、最近、いきなり家で飲みだしたのです。ウイスキーを! ボトルで!
炭酸で割って食前のハイボールにしたり、シメにロックで飲んでみたり。そのときの気分で飲み方を変えられるのがすばらしい...。やー。ウイスキー、けっこういいかも!

とはいえ、まだまだウイスキーと仲良くなれたとは言い難く。「このウイスキーって...スコッチ? バーボン? っていうかどう違うの?」「食前にハイボール、食後はロック。食中は......どんな料理と合わせれば?」「ウイスキーを、水とソーダ以外のもので割るなんて邪道?」などなど、ウイスキーを飲んでいる間も疑問ばかりが頭をよぎります。

実際に、私が家で飲んでいたのはバーボンウイスキー「メーカーズマーク」。赤い封蝋キャップとコロンとしたボトルのかわいさから選んだものですが、このウイスキーのこと、もっと知りたい! 飲んでみたい!そこで始めます、「バーボン一年生」。毎回ゆるっと飲みながら、バーボンウイスキーと仲良くなっちゃいますよー!


■ランチから深夜まで利用できる!「ファイヤーキングカフェ」

2000年3月に、代々木上原駅にオープンした「ファイヤーキングカフェ」。ランチタイムから深夜まで営業しており、様々なシーンで利用できるのが嬉しいですね!

店内は、その名の通りアメリカの耐熱ガラス食器ブランド「ファイヤーキング」が、ディスプレイされたステキなお店。


■店中の壁を「メーカーズマーク」のかっこよすぎる広告でジャック!

壁には、なんと過去に海外で展開された「メーカーズマーク」を展示中!ひゅー、かっこいい!!

壁という壁に「メーカーズマーク」の広告。海外で展開されたデザインって、日本で見られるとデザインとはまたちがうテイストで、おもしろいなあ。

展示に合わせて「メーカーズマーク」を使ったドリンクも、「ファイヤーキングカフェ」のおすすめカクテルとして提供されているのです。

こちらは「メーカーズマーク バーボンサワー」。「メーカーズマーク」に、ガムシロップ・レモン・ソーダを加えたもので、シンプルなハイボールをより飲みやすくした感じ。
ボトルのラベルとリンクした「メーカーズマーク」のオリジナルタンブラーでいただきます。

シュワッとした「メーカーズマーク バーボンサワー」に合わせる一品目は、意外にもエスニック!ボリューム満点の「海老とセロリの生春巻き」に、ピーナッツ入りのナンプラーソースや、スイートチリソースをつけていただきます。ひと口かじれば、確かにビール...ではなく、ハイボール...合うかも!

お次のオススメは、「エビバケット」。定番の食パンではなくバケットに海老のすり身を塗り、カリッと揚げてあります。海老のうまみと、揚げたパンの香ばしさがたまらん!舌に残った油を、ハイボールの炭酸で洗い流すといくらでも食べられそう。

合間にはさむのは、オリジナルカクテルの「バーボンシトラスハイボール」。なにこれ、かわいい...。レモン、オレンジ、ライムのスライスがたっぷり入っていて、見た目だけでもテンションあがるわ~!バーボンにオレンジリキュールも加えてあり、食事の合間の小休止にぴったりです。

バーボンウイスキーとの最強の組み合わせといえば、やっぱりお肉!ミディアムレアに焼かれた赤身ステーキをほおばり、ハイボールをごくり。「アメリカでバーボンウイスキーを飲むときって、こんな感じなのかしら...」と、ひとり妄想が広がりますね。

"まだまだ食べて飲みたい!"そんなときこそ「メーカーズマーク」のロックの出番ですよ。

おお、バーカウンターではなく、カジュアルにカフェで飲む「メーカーズマーク」のロックもいいなあ。おともは、「白トリュフ風味のミックスナッツ」。あー、最高。

エスニックからステーキまで、いろんなジャンルのおつまみを食べ、「ル・コルビュジェ」のソファーでゆっくりバーボンを楽しんだ夜。なんだか、私の「ウイスキー=バーで乾きもの」のイメージが、かなり変わってきたみたい...。よーし!次回は、「そもそもウイスキーって?」という基本のキを学びます!

いかがでしたでしょうか?
ちなみにツレヅレハナコさんの著書に、『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)や、新刊『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所5/24発売予定)等もあるので、ぜひ「メーカーズマーク」と一緒にお楽しみくださいね!

<ファイヤーキングカフェ>
住所:東京都渋谷区上原1-30-9
営業時間:
月曜日~金曜日  ランチ11:30~18:00
土曜日・日曜日・祝日 ランチ12:00~18:00
月曜日~日曜日・祝日 ディナー・バー 18:00~翌2:00(L.O)
定休日:無
電話番号:03-3469-7911

「ファイヤーキングカフェ」のサイト(外部サイトにリンクします)

▼関連リンク
「メーカーズマーク」のサイト

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ