首都圏のおトクな情報が満載!首都圏エリア情報 首都圏エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2019/10/21

【レポート】大自然の中で楽しく学ぶ♪サントリー水育「森と水の学校」白州校に約710名が参加しました!

2019年7・8月に実施した、大自然の中で森や水の大切さを学ぶ、サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校(山梨県)。今年も多くの皆さんが、白州の大自然の中で森の探検や天然水工場見学を通じて、森や水の大切さを体感しました。今回は、子どもたちが自然の中でさまざまな体験をした「森と水の学校」白州校の様子をレポートします!


■サントリー水育「森と水の学校」
サントリーは、水や自然の恵みに支えられている企業として、水を育む森を守る「天然水の森」活動を行っています。その想いを、未来を担う子どもたちに伝える取組みが次世代環境教育「水育」です。水育活動のひとつ、「森と水の学校」は、小学校3~6年生とその保護者を対象に、「サントリー天然水」のふるさとである白州(山梨県)・奥大山(鳥取県)・阿蘇(熊本県)で毎年夏に実施している自然体験プログラムです。今年は白州校で711名、3校合わせて1,741 名の皆さんにご参加いただきました!
(後援:環境省・文部科学省など)

ここからは、「森と水の学校」白州校の実施の様子をご紹介します♪


■半日かけて森と水を学ぶ
白州校では、午前コースと午後コースに分かれて約3時間のプログラムを実施しました。

まずは森の探検からスタート!緑豊かな森を歩いてみると、土がふかふかしていることがわかります。

一緒に森を探検するリーダーからは、木々の特徴や種類についても教えてもらいました。木や葉っぱに触れたり、いろいろな生きものを見つけたりと、森ではたくさんの発見をしました。

探検のあとには、ふかふかの土のひみつがわかる「水の実験」を行いました!長い年月をかけて水が育まれている様子を実験で学びました。子どもたちは、驚きながらも真剣に話を聞いていましたよ。

プログラムの最後には、「サントリー天然水 南アルプス白州工場」を見学。豊かな森で育まれた水が、「サントリー天然水」になるまでを学ぶことができました。


■参加した皆さんからのコメント参加した子どもたちからは、
・「ふった雨が天然水になるまで20年かかることに驚きました。」(4年生)
・「森の中でいろいろな生きものを見つけることができてとても楽しかったです。」(4年生)
・「森と水がつながっていることがわかってうれしかったです。」(6年生)

保護者の方からは、
・「自然や森の役割についてとても勉強になりました。参加して本当に良かったです。」(40代 男性)
・「水と生きる」ために、いかに森を大切にしているかという事がよく分かり、すばらしく感動しました。」(40代女性)
といったうれしいお声を数多くいただきました。

今年も多くの皆さんに「森と水の学校」にご参加いただき、豊かな自然の中で森や水の大切さを体感していただきました。このプログラムでの体験が、皆さんにとって森や水の大切さについて考え、未来を守る行動をしていくきっかけとなればうれしく思います。

サントリーはこれからも、次世代を担う子どもたちに向けて水や、水を育む森の大切さを伝える活動を続けていきます。
来年の「森と水の学校」もぜひご期待ください。

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事のご感想やコメントなどお寄せください。

<お問い合わせ>
サントリー水育事務局「森と水の学校」係
TEL:0120-090-017(フリーダイヤル)
受付時間:月~金 9:30~17:30(土・日・祝日を除く)

▼関連リンク
「森と水の学校」ホームページ

タグ サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」白州校

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ