九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

2019/06/21

【九州エリア限定】九州各県のお祭りや名所をデザインした「伊右衛門」が数量限定で発売♪

九州エリアの皆さんにうれしいお知らせです。
6月25日に、九州オリジナルデザインのサントリー緑茶「伊右衛門」が発売。九州各県の伝統あるお祭りや観光名所をイメージしたデザインになっています♪ぜひ九州限定の「伊右衛門」を片手に、ラベルに描かれているお祭りや名所へ出かけてみてはいかがですか?


■九州限定・数量限定発売!「サントリー緑茶 伊右衛門 九州限定よかとこラベル」♪
今回、九州エリアでは、九州各県のイベント・名所が描かれた「よかとこラベル 」の「伊右衛門」を発売!ラベルは全3種類で、「福岡博多祗園山笠・長崎くんち・佐賀バルーンフェスタ」、「福岡門司港・熊本城・宮崎日南モアイ像」、「福岡中州・大分別府温泉郷・鹿児島桜島」のデザインです。1本につき3つの祭りや観光名所が描かれています。


■九州各地のお祭りや観光スポットをご紹介♪
・「博多祗園山笠」(福岡)
「博多祗園山笠」は、毎年7月1日~7月15日に開催。700年の歴史を誇り、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている、博多を代表するお祭りです。山笠は「飾り山」と「舁き山(かきやま)」に分かれ、期間中は福岡市内各所で高さ10mの「飾り山笠」を見ることができ、後半からは男衆たちが山笠を担いで走る「舁き山」が楽しめます。最終日に行われる「追い山」も必見!博多の町を山笠が疾走する様は豪快で勇ましいです!

・「長崎くんち」(長崎)
毎年10月7日から10月9日に開催される「長崎くんち」は、380年の伝統を持つ、長崎市民の氏神・鎮西大社諏訪神社の祭礼行事。祭りの中で行われる「奉納踊」は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。勇壮華麗な演し物にアンコールを意味する「モッテコーイ」のかけ声が響き、観客の熱気も最高潮に!長崎を代表する秋の大祭です。

・「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」(佐賀)
たくさんのバルーンが目的地までどれだけ近づけるかを競う「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。今年は10月30日~11月5日に開催。バーナーの炎で発光したバルーンが夜の川面に浮かび上がる「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)」も見逃せません!
※バルーン競技・イベント開催期間は10月31日~11月4日

・「門司港」(福岡)
明治初期に開港した「門司港」。大正の頃には神戸・横浜と並び重要な貿易拠点でした。現在では、明治から昭和初期にかけて建築された、趣のある建物が残る「門司港レトロ」として人気の観光地となっています。大正ロマン風のレトロな街並みの美しさはもちろん、ご当地グルメを堪能したり、美術館や博物館で作品を鑑賞したり、ゆったり過ごせるスポットです。

・「熊本城」(熊本)
日本三名城のひとつである「熊本城」は、加藤清正が1601年から7年の歳月をかけ築城した天下の名城。400年にわたる日本の様々な歴史の重要な舞台となってきました。2016年4月に発生した熊本地震により大きな被害を受けましたが、現在では復旧工事が進み、二の丸広場や加藤神社、その周辺から天守閣や櫓などを見ることができます。

・「日南モアイ像」(宮崎)
サンメッセ日南にある「日南モアイ像」。部族間抗争や1960年のチリ地震の影響で倒れたまま放置されていたイースター島のモアイ像を、日本のクレーンメーカーが、機材と資金を提供して一部のモアイ像を修復する奉仕活動を行ったことがきっかけで建てられました。イースター島の長老会から正式な許可を得て、サンメッセ日南へ7体の神秘の巨大像(アフ・アキビ)が復刻。7体のモアイは、いろいろな運気を上昇させるパワーを持っているとも言われ、最近はパワースポットして訪れる方もいるようです。

・「中洲」(福岡)
西日本一の繁華街と言われる「中洲」。那珂川と博多川に囲まれた長さ約1キロ、幅約200メートルの細長いエリアです。「歌舞伎町」、「すすきの」と合わせて"日本三大繁華街"と称されています。「博多祇園山笠」の七流の一つである「中洲流」や珍しい女みこしの「中洲まつり」といった祭りなども盛んに行われています。

・「別府温泉郷」(大分)
九州屈指の温泉地で湧出量世界第2位の「別府温泉」。別府、鉄輪(かなわ)、明礬(みょうばん)、観海寺(かんかいじ)、亀川、柴石、堀田、浜脇という泉質の異なる8つの温泉地「別府八湯」からなり、年間400万人以上が訪れます。「別府温泉」に多数存在する自然湧出の源泉地獄を周遊する「地獄めぐり」は観光に欠かせません。

・「桜島」(鹿児島)
「桜島」は、現在も噴火を繰り返している世界でも有数の活火山。もともとは独立した島でしたが、1914年の噴火時に溶岩が流出したことで大隅半島と陸続きとなりました。世界一大きな大根である「桜島大根」や、世界一小さいみかんの「桜島小みかん」といった特産品が有名。噴煙を上げ続ける景観の珍しさや市街地からのアクセスの良さなどから、鹿児島を象徴する観光スポットになっています。

皆さんは行ってみたい"よかとこ"スポットはありましたか?お出かけの際は、心安らぐ甘香ばしい香りと、心地よいさわやかな余韻が楽しめる「よかとこラベル」のサントリー緑茶「伊右衛門」をおともにどうぞ。

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事のご感想やコメントなどお寄せください。

▼関連リンク
「伊右衛門」のサイト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ