九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2018/04/25

【イベントレポート】サンゴリアスが熊本にやってきた!親子タグラグビー教室を開催しました!

3月21日(水・祝)熊本市「アクアドームくまもと」にてサントリーラグビー部「サンゴリアス」の選手と楽しむ「親子タグラグビー教室」を行いました。
このイベントは「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として、九州熊本工場周辺にある益城町・嘉島町・御船町・熊本市に通う小学生を対象として、「体を動かして楽しい時間を過ごして欲しい」「ラグビーの楽しさを知ってほしい」という想いから開催しました。

「タグラグビー」とは、タックルの代わりに腰につけた2本のタグ(帯)を取ることで相手の前進をストップさせるというルールのスポーツです。年齢や性別を問わずに安全にプレーできるので、子どもたちでも安心して楽しむことができます。

それでは、当日の様子をご紹介します。

■はじめに「サンゴリアス」の選手からご挨拶当日はあいにくの大雨が降る悪天候となりましたが、午前・午後合わせて約60名の親子の方にご参加いただきました。「サンゴリアス」からは写真左から長友選手、仲村選手、竹下選手、垣永選手、飯野選手の5名が参加。子どもたちは、身体の大きな選手にびっくりしていました。


■選手と子どもたちでウォーミングアップ!まずは、選手と子どもたちで一緒になってのウォーミングアップから開始!参加者の子どもたちがすっかり選手と仲良くなったところで、タグラグビーの魅力を知ってもらうため、サンゴリアス選手による迫力あるデモンストレーションを披露。
子どもも大人も、初めて見る選手たちの迫力あるプレーに大きな歓声を上げていました。


■円陣を組んでいよいよ試合開始!つづいて、チームに分かれて、タグラグビーに挑戦です。
中には初めてタグラグビーを経験し戸惑っている子どもいましたが、各チームに一人づつ参加している選手たちに教えてもらいながら徐々にコツをつかみ、積極的に声を上げたり、休憩時間にチームの皆で作戦を練ったりと、元気いっぱいにプレーを楽しんでいました。

終了後、参加した子どもたちからは「楽しかった!」「今度ラグビーを観に行きたい!」といったうれしい声までいただき、大盛り上がりの教室となりました。

■最後はみんなで「タグ」を持って記念写真♪九州出身の長友選手は、「あいにくの天候でしたが、参加者に元気に楽しくタグラグビーを体験してもらえてよかったです。継続的な活動が大事だと思うので、今後もラグビーやサンゴリアスを通して、少しでも熊本の人たちが笑顔になれると嬉しいです」と話していました。

今後も「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」として、熊本の皆様に寄り添った活動を継続的に実施していきます。


▼関連サイト
「サントリーサンゴリアス」のサイト
サントリー水の国くまもと応援プロジェクト

タグ サントリー水の国くまもと応援プロジェクト
他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ