九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

2016/04/06

【新発売!】後口を極めた"キレ"の新チューハイ「-196℃極キレ」♪九州のご当地揚げ物と相性ピッタリ!

画像提供:鹿児島県観光連盟

3月29日(火)に新発売した「-196℃ 極キレ」。人気のチューハイ「-196℃」シリーズから、"キレ"がよくさっぱりとした後口にこだわった、"食中酒"にピッタリの新チューハイの登場です!

そんな「-196℃ 極キレ」のおいしさの秘密と、相性ぴったりの九州各県の揚げ物を、九州エリア担当者がご紹介します♪皆さんはどの揚げ物と楽しんでみたいですか?

■「-196℃ 極キレ」の魅力は?

なにより「-196℃ 極キレ」の特長は、「ウーロン茶ポリフェノール」由来のキレなんです。油を流す「ウーロン茶ポリフェノール」のお陰で、脂っこいお料理と合わせても、キレよくさっぱりお楽しみいただけますよ♪

味わいは、〈爽快ドライ〉、〈ドライレモン〉、〈ドライライム〉の3種類。炭酸ガス圧が高く甘さを抑えた味わいで、これまでにないキレと爽快さを実現しています!ドライな味わいも、揚げ物との相性の良い理由なんです。

今回は、「-196℃ 極キレ」にぴったりの、九州各県の揚げ物をエリア情報担当者がピックアップ!ぜひ、「極キレ」とお試しくださいね!



■「明太コロッケ」(福岡)

福岡県の名産品といえば、思い浮かぶのが「辛子明太子」ですよね♪そんな辛子明太子をふんだんに使用した、「明太コロッケ」。カラっと揚がったコロッケの食感と、ピリ辛の辛子明太子がマッチする一品です!

「明太コロッケ」のレシピはこちら(やまやのサイトにリンクします)



■「さきいかのごま天ぷら」(佐賀)

いかの名産地といえば、佐賀の呼子!今回はさきいかを天ぷらにしました。衣に、すりごまをアクセントで加えたおつまみにもピッタリの一品です!マヨネーズとチリパウダーを仕上げに添えるのがポイントですよ♪

「さきいかのごま天ぷら」のレシピはこちら


■「長崎てんぷら」(長崎)

画像提供:長崎県栄養士会

「長崎てんぷら」は、歴史上交流の深いポルトガルから伝わったといわれています。その特長は衣!小麦粉に、砂糖や塩、お酒入れるので、少し粘り気がでるんです。冷めてもおいしく、しっとりとした食感が楽しめますよ♪


■「ちくわサラダ」(熊本)

熊本県民のソウルフードでもある「ちくわサラダ」。ちくわの中に、ポテトサラダを詰めた名物のお惣菜です!ボリュームもあって、揚げたちくわのサクサク感と、じゃがいものホクホクとした食感がやみつきになります♪「極キレ」が後味をさっぱりさせてくれるので、いくらでも食べられます!



■「とり天」(大分)

大分発祥の郷土料理でもある「とり天」。見た目は、からあげのように見えますが、天ぷらと同じように小麦粉を水で溶いた衣をまとっているので、ふわふわした食感が特長です!
ポン酢や、酢醤油で食べるのがおすすめですよ♪

■「チキン南蛮」(宮崎)

宮崎県のご当地グルメといえば、「チキン南蛮」ですよね♪外はカリッと中はジューシーなチキン南蛮に甘酸っぱいソースが絡んで、食欲をそそりますね!


■「さつま揚げ」(鹿児島)

画像提供:鹿児島県観光連盟

「さつま揚げ」の本場といえば、鹿児島県。魚肉のすり身を固めた、おかずにもおつまみにもピッタリの一品ですね!そのまま食べてもおいしいですし、お好みで醤油やマヨネーズをつけるのもおすすめです♪

九州各県のご当地揚げ物、どれもおいしそうですね!お酒のおつまみでもよく登場する揚げ物も、「極キレ」があればさっぱり楽しめますよ。
今までのチューハイにはない、「-196℃ 極キレ」の圧倒的な"キレ"をぜひお試しください♪

他にもこんなお料理と合わせてみたい!というお料理があれば、ぜひぜひ教えてください!コメントは、記事下の「いいね!」ボタンから。

▼関連リンク
「-196℃ 極キレ」のブランドサイト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ