九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2020/12/25

【サントリー水の国くまもと応援プロジェクト】仮設住宅や復興住宅にお花と笑顔をお届けする「くまもとフラワープロジェクト」♪

2020年11月下旬に、熊本地震の被害を受け、現在も益城町・御船町の仮設住宅にお住まいの方や復興公営住宅に入居された皆さんへ花をお届けする「くまもとフラワープロジェクト」を実施しました。この活動は、サントリーグループの熊本復興支援活動「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として実施している活動で4年目となります。
※嘉島町へは5月に「サンパラソル」の花鉢を訪問お届け


熊本地震から4年半以上年が経ち、復興公営住宅をはじめとする生活の再建が本格化する一方で、現在も仮設で生活されている方もいらっしゃいます。
「サントリー九州熊本工場」周辺3町(益城町・嘉島町・御船町)の被災された皆さんを対象に、サントリーフラワーズの花を通して、笑顔をお届けしたいという想いで実施しているのが「くまもとフラワープロジェクト」です。


今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で毎年春に実施していた、この「くまもとフラワープロジェクト」が延期となってしまった中、各町の皆さまから「自粛の為、新しい団地でのコミュニティづくりの機会が少なかった。一緒に花植えをしたい」、「ステイホームではお花に癒される」などの声が寄せられました。そこで、地域団体の皆さんと一体になって考え、花苗の配布や「プリンセチア」を訪問してお届けすることができました。今回は、その様子をレポートします!

■思いやりの花♪「プリンセチア」の訪問配布によるステイホーム支援11月下旬より、益城町・御船町の仮設住宅・復興公営住宅の方に、「プリンセチア」の鉢植えのお届けしました。クリスマスカードとともにお届けした「プリンセチア」の花言葉は、「思いやり」です。自粛が続く今だからこそ、大切な方との絆や想いを応援したいという気持ちを込めました。


「プリンセチア」を受け取った住民の方からは、「うわー!きれい!本当にもらっていいの!」と、とても喜んでいただけました。さらに、「日当たりの良い部屋において、ゆっくり眺めたい」、「ステイホームの中、家で育てられるのがとても楽しみだ」などのたくさんのうれしいお声も届きました。
自治体や地域団体の方からも、「住民の皆さんの笑顔をたくさん見ることができて嬉しかった」や「プリンセチアの一部は役場の"復興課が町の復興の明るさに育てたい"と飾っている」というお声をいただきました。

■コミュニティを大切に♪「花植え」によるコミュニティ支援活動熊本県益城町の自治体・各復興公営住宅居住者の方々から「コロナ禍で住民同士の交流が難しくなった。コミュニティ活動のきっかけとして、新しい公営住宅の花壇に、住民で花植え活動ができたら嬉しい」という声をいただき、現地での花植え活動が実現しました。復興公営住宅への移転が本格化し、仮設団地で育まれたコミュニティを新しい生活でも大切にしたい、と願われている方が多く、住民の方が主体となった「花植え」をサポートしました。


お届けした花苗は、「フィオリーナ」、「ミルフル」、「ウインティー」の各種カラフルなものです。

花植えに参加された皆さんは、開花の時期を楽しみにされている様子でした♪「待ちに待った花苗が到着し、団地のみんなですぐ花植えを実施した。寂しかった花壇がすごく綺麗になり元気がもらえる」、「なかなか話すことができなかった団地の仲間と、お花を通じて交流を持つことができた」との声をいただき、コミュニティ活動の活性に貢献できたことをうれしく思います。

「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」は、これからも熊本復興支援活動を続けていきます。


▼関連リンク
サントリー水の国くまもと応援プロジェクト

タグ 水の国くまもと応援プロジェクト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ