九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

2020/09/29

【九州エリア限定】九州7県の名所をデザインしたサントリー緑茶「伊右衛門よかとこラベル」が数量限定発売♪

九州エリアの皆さんにうれしいお知らせです。サントリー緑茶「伊右衛門」から九州7県の名所がデザインされた九州限定よかとこラベルが、9月29日から数量限定で発売します。
ぜひ、「サントリー緑茶 伊右衛門 九州限定よかとこラベル」をお手に取ってみてくださいね。


■九州限定・数量限定発売!「サントリー緑茶 伊右衛門 九州限定よかとこラベル」


※写真はイメージです。

9月29日より、九州エリア限定で九州7県の名所が描かれたサントリー緑茶 「伊右衛門 九州限定よかとこラベル」を数量限定発売します!「よかとこラベル」の「伊右衛門」は昨年に引き続き2回目の発売。ラベルは2種類あり、熊本県「熊本城」、大分県「別府温泉郷」、宮崎県「日南モアイ像」、佐賀県「吉野ケ里遺跡」が描かれたラベルと、福岡県、「中州」、長崎県「グラバー園」、鹿児島県「桜島」が描かれています。ラベルを見ながら、行きたい名所や行ったことある名所に想いをはせてみるのも楽しいですよね。

サントリー緑茶「伊右衛門」は、今年の4月に淹れたての緑茶のような色・味・香りのすべてを味わうことができるペットボトル緑茶として、発売以来最大のリニューアルをおこないました。
また、これまでも好評いただいていた"四季に合わせた味わい"で販売しています。

今回の「よかとこラベル」の「伊右衛門」は"寝かせ茶葉入り"の秋の「伊右衛門」です。一番茶を豊富に使用し、福寿園の火入れ技術を組み合わせることで、豊かな旨みと穏やかな渋みが感じられる味わいを実現♪旨みが豊富なかぶせ茶を熟成させ、香りを引き出した"寝かせ茶葉"をアクセントに使っているので、ほんのり甘い香りと深い味わいが楽しめますよ。鮮やかな緑の水色(すいしょく)にもご注目くださいね。

それでは、サントリー緑茶 「伊右衛門」 九州限定よかとこラベルにデザインされている九州の各県の名所を紹介していきます。

・福岡県「中州」福岡県の名所として描かれているのは、福岡市博多区にあり那珂川と博多川に挟まれたおよそ1kmの細長いエリア「中州」。日本有数の歓楽街です。
中洲には数多くの飲食店があるのはもちろん、博多の名物である屋台は20軒以上もひしめきあっています。ラーメンはもちろん、餃子や串焼き、フランス料理まで幅広い屋台があります。
ラベルには、那珂川沿いのネオンサインの風景がカラフルに描かれています。

・佐賀県「吉野ケ里遺跡」佐賀県の名所として描かれているのは、紀元前5世紀から紀元後3世紀までの弥生時代の遺跡「吉野ケ里遺跡」。国の特別史跡に指定されています。佐賀県神埼郡の旧神埼(かんざき)町・旧三田川(みたがわ)町・旧東脊振(ひがしせふり)村の3つの町村にまたがった日本最大の遺跡です。

・別府温泉郷(大分)大分県の名所として描かれているのは、別府市中心にある温泉街の総称「別府温泉郷」。源泉数、湧出量の多さで、日本を代表する温泉街です。「別府温泉」に多数存在する自然湧出の源泉地獄を周遊する「地獄めぐり」も有名ですね。

・「グラバー園」(長崎)長崎県の名所として描かれているのは、長崎市の「グラバー園」。ラベルに描かれている建築物は、日本最古の木造洋風建築。貿易商であり、グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた住宅で、国指定重要文化財に指定されています。

・「熊本城」(熊本)熊本県の名所として描かれているのは、日本三名城のひとつでもある「熊本城」。加藤清正が1601年から7年の歳月をかけて築城した名城で、400年に渡り数多くの歴史の舞台となってきました。2016年の熊本地震では、被災し天守閣など一部崩壊しましたが全国各地からの寄付や支援などもあり本格復旧に向けて今もなお復旧工事が進められています。

・日南モアイ像(宮崎)宮崎県の名所として描かれているのは、サンメッセ日南にある「日南モアイ像」。世界で初めてイースター島の長老会から正式な許可を受け、学術的な精密さをもって再現された7体の巨大なモアイ像。最近では、運気を上昇させるパワースポットとしても人気です。

・桜島(鹿児島)鹿児島県の名所として描かれているのは、鹿児島県のシンボル「桜島」。現在もなお活動を続けている世界でも有数の活火山です。海の中にそびえる様子は圧巻で、噴煙を上げ続ける景観の珍しさや市街地からのアクセスの良さなどから、鹿児島を代表する観光スポットです。


ぜひ、九州の"よかとこ"スポットが描かれたサントリー緑茶 「伊右衛門 九州限定よかとこラベル」を眺めながら、秋の味わいが楽しめるサントリー緑茶「伊右衛門」をお楽しみくださいね。

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事のご感想やコメントなどお寄せください。

▼関連リンク
「サントリー緑茶 伊右衛門」のサイト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ