九州のおトクな情報が満載!九州エリア情報 九州エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2019/10/28

【サントリー水の国くまもと応援プロジェクト】「ラグビーワールドカップ2019観戦とラグビー体験ツアー」を実施!

10月5日(土)・6日(日)に、ラグビーW杯開催都市となった熊本で熊本地震復興支援「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として、「サントリーサンゴリアスと楽しもう!ラグビーワールドカップ2019観戦とラグビー体験ツアー」を実施しました。

この企画は2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本の子ども達に、ラグビーW杯を通じて、一生に一度の体験をしてもらおうという思いから企画したプログラムです。
熊本県益城町の仮設住宅など被災エリアにお住まいの小中学生とその保護者の方を中心に、サントリーラグビー部サンゴリアスの選手によるラグビー体験教室や、熊本の皆さんとともに被災から復旧したサントリー九州熊本工場の工場見学を行いました。さらにはラグビーW杯「フランスVSトンガ戦」をサンゴリアス選手5名と一緒に観戦、地元熊本でラグビーを満喫した忘れられない2日間となりました!

今回は、その様子をレポートします。

■益城町テクノ仮設団地を訪問しました10月5日(土)は体験ツアーの前に、選手たちと熊本県内最大規模の仮設住宅団地である〈テクノ仮設団地〉を表敬訪問。テクノ仮設住宅には2016年の地震以後、サントリーも継続的な活動を続けており、今年の3月にもサントリーフラワーズの花植えワークショップを実施しました。

今回の訪問では、テクノ仮設にお住まいの方約30名が出迎えてくださり、中でも子どもたちは選手に肩車をしてもらったり、腕にぶら下がったりするなど、大盛り上がりでしたよ♪

■いよいよツアー開始!益城町中央小学校で「ラグビー体験教室」を実施しましたテクノ仮設団地を訪問した後、いよいよ参加者の皆さんと合流し、体験ツアーをスタート!
初日は選手と参加者の皆さんの親睦を深めるため、益城町中央小学校でサンゴリアスの竹本竜太郎選手(フルバック)と尾崎晟也選手(ウイング)によるラグビー体験教室を実施しました。

サンゴリアス特製の練習メニューに取り組み、最後にはチーム対抗のパスリレーを実施。子どもたちは、覚えたてのルールやラグビーボールを上手にパスするコツを意識しつつ、チームで声を掛け合いながら競い合うなど、仲間と取り組む大切さや挑戦する大切さを学びました!

■サントリー九州熊本工場を見学しました 2日目は、サントリー九州熊本工場見学からスタート。ガイドツアーに参加し、天然水の森をはじめとするサントリーの活動や、さまざまな製品を作る九州工場ならではの魅力を紹介。当日は、BOSSの製造ラインを見学し、あまりのスピードに驚きの声が上がりました!

ガイドツアーの後は、サンゴリアスの選手5人とのランチタイム。昨日のラグビー体験教室に参加した竹本選手と尾崎選手、さらに竹下祥平選手(ウイング)、飯野晃司選手(ロック)、大越元気選手(スクラムハーフ)の3名を加えた、計5名の選手と一緒に楽しくランチを食べました。


食後は、選手によるトークショーへ。この日の午後に観戦するラグビーW杯「フランスVSトンガ戦」の見どころをわかりやすく紹介。選手への質問タイムでは、大越選手から直伝でパスを教わる未来のラガーマンも誕生しました!

その後、バスに乗って試合会場の「熊本県民総合運動公園陸上競技場」に到着。バスの中でも選手たちからのスペシャルプレゼントをめぐるじゃんけん大会も行い、いよいよ参加者のテンションは最高潮に!

■そしていよいよラグビーW杯観戦!当日の試合は、華麗なパス回しが魅力のフランスと、パワフルな体格を生かしたトンガという、2011年W杯以来の注目の対戦カード。3万人以上が詰めかける会場で、子どもたちも試合が始まるのが待ち切れません!応援グッズに身をつつみ、観戦の意気込みを高めました。

厳粛な両チームの国歌斉唱とともに幕開けした「フランスVSトンガ戦」。
試合は、一進一退の点の取り合いとなり最後まで見逃せない展開となりました。結果は23-21という大激戦の末、フランスが勝利!子どもたちも、大きな声で応援して大盛り上がりの観戦となりました!

最後はバスで帰る参加者の皆さんをお見送り。皆さんの興奮冷めやらぬ笑顔がとても印象的でした。

2日間のプログラム終了後、参加者の皆さんからは「最高の2日間だった!自分も世界で活躍する強い選手になりたい。」「ラグビーワールドカップを地元で、満席の観客と見れるなんて、一生に一度の経験で感無量です。今回のプログラムでサンゴリアスの大ファンになりました。試合いきます!」といったうれしいお声をたくさん頂くことができました。

サンゴリアスの試合観戦での再会を誓い、名残惜しいお別れタイムを迎えました!熊本復興のシンボルでもあったラグビーW杯の熊本開催。益城町テクノ仮設団地への表敬訪問、復旧した嘉島町の九州熊本工場見学と合わせて、震災から3年半が経過した今を改めて考える2日間となりました。

サントリーは、これからも熊本の皆さんと共に歩みながら、復興支援活動「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」を続けてまいります!

▼関連リンク
サントリー水の国くまもと応援プロジェクト

タグ 水の国くまもと応援プロジェクト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ