近畿のおトクな情報が満載!近畿エリア情報 近畿エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2021/07/16

【和歌山限定】"赤い宝石"熊野やまももしろっぷ使用「熊野やまもも翠ジンソーダ」誕生!コラボメニューもご紹介♪

和歌山の皆さんに、和歌山限定の新しいドリンクのご紹介です♪
昨年の発売以来、多くの方にご好評をいただいているサントリージャパニーズジン「翠(SUI)」。今回、その「翠(SUI)」に、和歌山県上富田町の町木であるやまももを使用した「熊野やまももしろっぷ」を加えてつくった「熊野やまもも翠ジンソーダ」を開発。和歌山県内の飲食店での提供がスタートすることになりました。

「熊野やまもも翠ジンソーダ」とは?
サントリージャパニーズジン「翠(SUI)」は、伝統的なジンの8種のボタニカルに加え、日本の食卓に馴染みの深い柚子・緑茶・生姜という3種の和素材を使用した、日常の食事に合う爽やかな味わいのジンです。
※ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、アンジェリカシード、カルダモンシード、シナモン、ビターオレンジピール、レモンピール

おすすめの飲み方は、翠とソーダを1:4の割合で割った「翠ジンソーダ」。和が爽やかに香り、すっきりと食事のシーンでお楽しみいただけます。

今回、「翠ジンソーダ」に加えるのは、和歌山県のKumano Berry社が手掛ける「熊野やまももしろっぷ」です。「熊野やまももしろっぷ」は、和歌山県上富田町の町木である"やまもも"の実を使用したもの。和歌山県が優良な県産品を選定・推奨するプレミア和歌山にも登録されている商品です。

やまももは、6月下旬から7月中旬の限られた時期にしか実らず、収穫後は傷みやすいため、"幻の果実"や"赤い宝石"とも呼ばれています。桃ほど甘くはなく、ベリーほど酸っぱくもない、どこか懐かしい味わいのやまもも。そんなほどよい甘酸っぱさの「熊野やまももしろっぷ」を加えてつくったのが、「熊野やまもも翠ジンソーダ」です。「翠(SUI)」と「熊野やまももしろっぷ」が織り成す、和歌山ならではの味わいを、ぜひ和歌山県内の飲食店でご堪能ください。


コラボメニュー「古座川ジビエソーセージ」
「熊野やまもも翠ジンソーダ」にぴったりなコラボメニュー「古座川ジビエソーセージ」も、和歌山県内の飲食店で提供がスタートします。紀伊山地に広がる豊かな熊野の秘境を流れる清流・古座川で育まれた「古座川ジビエ」。「古座川ジビエソーセージ」は、のびのびと育った鹿や猪を使った、鮮度が高く安全な古座川ジビエでつくられました。もちろん、「熊野やまもも翠ジンソーダ」との相性抜群!ぜひご一緒にお楽しみください。

「熊野やまもも翠ジンソーダ」が楽しめるお店はこちら
※7月16日以降、順次取り扱い開始になります。
※「古座川ジビエソーセージ」のお取り扱いのない店舗もございます。

和歌山ならではの素材を使用した「熊野やまもも翠ジンソーダ」は、県内の飲食店でのみ楽しめます。ぜひこの機会にお店で味わってみてくださいね。

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪


関連リンク
サントリージャパニーズジン「翠(SUI)」のサイト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ