近畿のおトクな情報が満載!近畿エリア情報 近畿エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

2019/10/23

【11月21日】ボジョレーヌーヴォー解禁!今年もボジョパでワインの旬をたのしもう♪

いよいよ今年も「ボジョレーヌーヴォー」の解禁が近づいてきましたね♪今年は、11月21日(木)が「ボジョレーヌーヴォー」の解禁日です。近畿エリアの皆さんは、もう準備できましたか?
今回は、おすすめの「ボジョレーヌーヴォー」や新商品の「スパークリングヌーヴォー」、さらに近畿エリアで「ボジョレーヌーヴォー」が事前に予約できるお店などまとめてご紹介します!
これを見れば今年の"ボジョパ"の準備はバッチリ!!ぜひ参考にしてくださいね。

■「ジョルジュ デュブッフ」ブランド
サントリーが自信をもっておすすめするのは、"ボジョレーの帝王"と呼ばれている名醸造家のジョルジュ デュブッフ氏が手がける「ボジョレーヌーヴォー」。華やかな香りとフルーティな味わいで世界中のワイン愛好家を魅了しています。また、フランスのリヨンで行われている「リヨン・ボジョレーヌーヴォーワインコンクール」において2002年以降、毎年受賞(※1)するなど高い評価を得ています。日本国内ではボジョレーヌーヴォ―販売容量NO.1(※2)ブランドです。

※1 ジョルジュ デュブッフ社調べ
※2 インテージ拡大推計値より(期間:2017年1月~2018年12月)全国SM/CVS/酒DS/ホームセンター/ドラッグストア/一般酒店/業務用酒販店


■今年の「ボジョレーヌーヴォー」の出来栄えは?

今年の夏フランスでは、熱波や雹(ひょう)など変化に富んだ厳しい気候でした。しかし、ジョルジュ デュブッフ社のこれまでの経験を生かして無事にぶどうは大きく育ちました。中でも、良質なぶどうだけ厳選して醸造しました。今年の「ボジョレーヌーヴォー」の出来に期待が高まりますね♪


■今年の"ボジョパ"におすすめの商品はこちら!
・「ジョルジュ デュブッフ ガメ スパークリングヌーヴォー2019」

今年の注目は、デュブッフ社初のスパークリングヌーヴォーです!!
使用しているぶどうは、収穫開始日直後の、糖分と酸味のバランスが取れたスパークリングワインに適したガメ種。なんと全収穫量の約1%(※1)と、とても貴重なぶどうからつくられています。
また、発酵と熟成を同じタンクで行うことで酸化を最小限に抑えたり、炭酸ガスを注入せず自然発酵で生じる炭酸を閉じ込めるなど、こだわり抜いた製法であるため、通常のヌーヴォーに比べて製造期間は1.5倍も必要です。
"ボジョレーの帝王"の、これまでの経験と技術を結集してつくられた「スパークリングヌーヴォー」。ベリー系の香りと収穫されたばかりのぶどう本来の甘さや、フレッシュさが感じられる味わいは、スパークリングの優しくきめ細かい泡立ちがガメ種の味わいをより一層ひきたてています。
ぜひ、今年の"ボジョパ"は「ジョルジュ デュブッフ ガメ スパークリングヌーヴォー2019」で乾杯しましょう!

※1 デュブッフ社推計

・「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2019」

続いて紹介するのは、世界中で愛される「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2019」です。
フレッシュ&フルーティでバランスの取れた味わいは"ボジョパ"には欠かせない1本になりそうですね♪
また、ちょっと試してみたい人には375mlのハーフサイズもありますよ!
ぜひ、この機会に今年の「ボジョレーヌーヴォー」を味わってみてくださいね。

■ご予約は、お近くの店舗またはショップサイトでどうぞ!
どちらも数量限定ですので、確実に買いたい方は店舗やネットショッピングでのご予約がおすすめです!
▼おすすめのネットショッピングサイト(楽天市場店)
『うきうきワインの玉手箱 楽天市場店』(外部サイトにリンクします)
『セラー専科 楽天市場店』(外部サイトにリンクします)

「スパークリングヌーヴォー」を加え、更にラインナップ豊富となった今年の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー」。
11月21日(木)の解禁日まであと少し!ぜひ、気になる1本を予約して「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー」をたのしみましょう♪


※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

▼関連リンク
「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー 2019」のサイト

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ