近畿のおトクな情報が満載!近畿エリア情報 近畿エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

グルメ

2019/07/19

【ライター山﨑の今夜も酒場ラバー!】「屋台たこ焼き」と「プレモル」で夏を愉しむ「龍馬亭」(大阪・福島)

フードライターの山﨑さんが独自の視点で近畿の名店を紹介する、その名も「ライター山﨑の今夜も酒場ラバー!」。今回も、皆さんに素敵なお店をご紹介していきます。

<ライター山﨑のプロフィール>
飲食に特化したフードライターとして、店名や商品名の作成にも携わる。また、飲食店のお役立ち情報サイトのMEDIY(メディー)では専属ライターとして、業界のトレンドから繁盛店ノウハウをWEBで配信し、様々なウェブマガジンで活躍中。

おいしい料理と心に染みる言葉を求めて今日も酒場に繰り出す、フードライターの山﨑です。
今回訪れたお店は、大阪市福島区にある「龍馬亭」です。多い日で1日1,000個ものたこ焼きが注文されるという、大阪でも屈指のたこ焼き酒場です。早速、お店に伺ってみましょう!

■「プレミアム達人店」とは
サントリーでは皆さんにおいしい「プレモル」を飲んでいただくため、"樽生三原則"と"こだわり2ヶ条"を定め、その基準を満たしたお店をプレミアム達人店に認定しています。
"樽生三原則"は、グラスや器具の毎日洗浄、「樽の温度に合わせた適正なガス圧設定、樽生の味の変化を防ぐ、樽の静置冷却。"こだわり2ヶ条"は、グラスの自然乾燥と達人によるおいしい樽生の注ぎ方です。
サントリーでは皆さんにおいしい「プレモル」を飲んでいただくため、"樽生三原則"と"こだわり2ヶ条"を定め、その基準を満たしたお店を「プレミアム達人店」に認定しています。


■今もなお進化中の「屋台たこ焼き」!

店主である直(なお)さんが新大阪で屋台を引いていたのが今から27年前。「屋台たこ焼き」を8年続けた後、JR東海道本線高架下の「福ろうじ商店街」に「龍馬亭」をオープンしました。

屋台時代から試行錯誤を繰り返しているのが生地です。配合する出汁の種類、その量を足したり引いたりして今もなお進化し続けています。そんな店主のたこ焼きを求めて多くのファンを持つ「龍馬亭」ですが、なんと多い日で1日1,000個ものたこ焼きが注文されるとか。そんな魅力のたこ焼きを早く食べたいぜよー!!


■「どて煮」

たこ焼きが焼きあがるまでに頼みたい一品がコチラ!甘辛の味噌ベースに牛スジとこんにゃくがゴロっとたっぷり。旨みがよく染みでている、これぞ酒場の一品です。


■「串カツ」

大阪のソウルフードである串カツもオススメです!カラッと揚がった「串カツ」は一切もたれることなく、素材の味を楽しめるのが特長です。一番左手前の串は梅シソと思いきや、ハチミツとイチゴジャムのソース!カマンベールとの相性がたまらないスイーツ感覚でいただける一串です。


■「ねぎ醤油たこ焼き」

そしてお待ちかねのたこ焼きが焼きあがりました!モチモチとした食感とトロトロの半熟生地のどちらも楽しめるたこ焼きです。最初はそのままで生地の味わいを楽しんだら、ソースとマヨネーズをセルフでトッピングできます。


■「ザ・プレミアム・モルツ」で乾杯♪

役者が揃った所で「プレモル」で乾杯♪店主が毎日の器具洗浄などを徹底。「神泡。」の「プレモル」が、たこ焼きに良く合います。

おいしいビールを提供するために妥協は許しません。注文が入るごとに気持ちを込めてビールを注ぎます。配分も「7:3」を徹底し、「神泡。」を丁寧につくります。

どうりでそのはず!唇についた泡までうまし!

「神泡。」の実力に終始圧倒されっぱなしのライター山﨑でした。
この他にも、「プレモル」に合う新作が登場!


■たこ焼き4種盛り

直店主オススメの新作たこ焼きがコチラ!
左からねぎマヨポン酢、天かす、明太マヨ、ねぎ醤油の4種盛り合わせです。

飲みあきない「プレモル」を味チェンで更においしく食べ飲みできる「龍馬亭」でした。夏のこの時期は開放感たっぷりのテラス席がオススメです。2階席は30名まで対応可能なので夏の宴会に是非!

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください。

<龍馬亭>
住所:大阪府大阪市福島区福島7丁目11-51
営業時間:16:30~翌0:00(フードL.O.23:00、ドリンクL.O.23:15)
定休日:なし
電話番号:06-6453-5004

▼関連リンク
「ザ・プレミアム・モルツ」のサイト

タグ プレミアム達人店ライター山﨑の今夜も酒場ラバー!

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ