中国・四国のおトクな情報が満載!中国・四国エリア情報 中国・四国エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2017/12/05

【香川ザ・ジモト食堂シリーズ】「オリーブハマチ」や旬の食材を使ったレシピをご紹介♪「金麦」と一緒に愉しもう

今回は「ザ・ジモト食堂」シリーズから、香川のオリーブハマチを使ったメニューや、地元スーパーおすすめのレシピをご紹介します!旬食材、地元食材をふんだんに盛り込んだメニューばかりです。もちろんお供は「金麦」で決まり♪ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■これからが旬!香川県自慢の食材「オリーブハマチ」
香川県のブランド魚「オリーブハマチ」。適度な歯ごたえと脂がのっているのに、さっぱりとした味わいが特長のヘルシーなハマチです。
例年9月から翌年1月上旬まで店先に並ぶオリーブハマチですが、中でも晩秋から冬にかけてが、一番脂がのっていて美味しい季節といわれています。

料理方法は、刺身、タタキ、カルパッチョ、照り焼き、塩焼き、あら炊き、唐揚げ、しゃぶしゃぶなど様々♪
今回は、オリーブハマチを使った冬にぴったりのメニューをご紹介します!


■オリーブハマチを使った「ハマチと根菜のみぞれ煮」

出典元:味の素KK「レシピ大百科®」

さっぱりとしたオリーブハマチと、レンコンなどの根菜を煮た一品です。
タンパク質やミネラル、ビタミンなど栄養価の高いハマチと、冬が旬のレンコンやダイコンなどの根菜をみぞれ煮に仕立てました♪寒い冬にぴったりの、ほっと温まるこちらのメニュー。冷えた「金麦」との相性も抜群ですよ。ぜひお試しくださいね!

<材料>
・オリーブハマチ...2切れ(200g)
・「瀬戸のほんじお」焼き塩...少々
・ダイコン...1/3本(300g)
・レンコン...2/3節(100g)
・ニンジン...1/3本(40g)
・サヤインゲン...5本(40g)
・片栗粉...大さじ4
・「AJINOMOTOサラダ油」...適量
【A】
・酒...大さじ2
・しょうゆ...大さじ1
・みりん...大さじ1/2
・砂糖...大さじ1/2
・「ほんだし」...小さじ1

<作り方>
① ハマチの骨をとり、ひと口大にして塩をふり、10分ほど置く。
② ダイコンをフードプロセッサーまたはおろし金ですりおろし、ボウルを重ねたザルにあけ、ダイコンの汁はボウルに受けて取っておく。
③ フライパンに多めの油を入れて熱し、ハマチ・レンコン・サヤインゲンに片栗粉をまぶして入れ、少し焼き色がつくまで揚げ焼きにする。
④ 鍋に②のダイコンの汁、ミズを合わせていれ、【A】とニンジンを加えて火にかける。
煮立ったら、③のハマチ・レンコン・サヤインゲンを加え、3~4分煮て、器に具材を盛る。
⑤ 煮汁に②のダイコンおろしを加えて火にかけ、ひと煮立ちしたら、④に回しかける。

今回使用した「ほんだし®」は香り、コク、味わいに優れた3種のかつお節を使用した和風だしの素。さっと入れるだけで、様々な和食メニューの味付けを手軽に仕上げる事が出来ますよ。


■地元スーパーがおすすめするレシピをご紹介♪
マルナカ 「ブリの味噌たたき 和風カナッペ」
マルヨシセンター 「ひけた鰤とクリームチーズの挟み焼き」
キョーエイ 「阿讃高原牛とパプリカの温玉のせサラダ風」
エースワン 「ブリの竜田揚げとじゃがいものあったかサラダ」
生活協同組合コープかがわ 「讃岐もち豚の豚肉の3色フリッター」
新鮮市場きむら 「瀬戸のもち豚とキャベツの重ね蒸し ピリ辛胡麻味噌ダレ」


・マルナカ 「ブリの味噌たたき 和風カナッペ」
刺身用ぶりを使った、手軽なのにゴージャスな1品です。シソの葉やミョウガ、白ごまなどたっぷり効かせた薬味がポイント♪手間がかからず、年末年始の来客が多い時期におすすめのメニューです。お供には、やっぱり「金麦」!「金麦」のうまさとブリのうまさが互いを引き立て、絶妙なハーモニーを奏でますよ。

<材料>
・ブリ刺身用...150g(薄切りにしておく)
・シソの葉...16枚
・ミョウガ...3個(小口切りにしておく)
・炒り白ごま...大さじ3
・プチトマト...4個(四つ切りにしておく)
【A】
・麦みそ...40g
・酒...大さじ1
・スダチ汁...大さじ1

<作り方>
①ボウルに【A】をいれて混ぜ合わせ、薄切りにしたブリを和えておく。
②①をシソの葉で包み器に盛り付け、ミョウガをのせる。
③プチトマトをブリの周りに飾り、食べる直前に炒り白ごまをふる。

マルナカの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


・マルヨシセンター 「ひけた鰤とクリームチーズの挟み焼き」
旬のひけた鰤を洋風に仕上げたメニューです♪身の間に挟んだクリームチーズと大葉が味の決め手。レモンと粗挽き胡椒がよく合い、コクがあるのに爽やかな味わいです。上からパン粉をふってオーブンで焼くのもおいしい食べ方。冷えた「金麦」にブリとチーズがよく合いますよ!

<材料>
・ひけた鰤...4切れ(切り身)(塩を振って5分ぐらい置き、ペーパーで水気を取っておく)
・ふり塩...適量    
・クリームチーズ...100g
・ブロッコリー...80g(小房に分ける)
・赤パプリカ...1/4個(くし切り)
・じゃが芋...120g(一口大に切る)
・大葉...4枚(縦半分に切る)
・レモン...1/2個(半月の薄切り)
・オリーブオイル...大さじ2
・白ワイン...100cc
・粗挽きこしょう...適量
・塩...適量
【A】
・粒マスタード...大さじ1/2
・オリーブオイル...大さじ1 
・酢...大さじ1  
・しょう油...小さじ2

<作り方>
①ひけた鰤は横から包丁を入れ、切り込みに大葉とクリームチーズをはさむ。
②切り身の上から塩と粗挽きこしょうをふり、レモンを並べる。
③オリーブオイルを熱したフライパンで②を焼き、白ワインをふって蒸し焼きにする。
④野菜をレンジで温野菜にし、③とともにお皿に盛り付ける。好みで【A】をかける。

マルヨシセンターの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


・キョーエイ 「阿讃高原牛とパプリカの温玉のせサラダ風」
地元の阿讃高原牛を使った、ボリューム満点のサラダです!シャキシャキのレタスとジューシーなお肉、とろーり温泉卵が絶妙のハーモニーを奏でます。「金麦」がすすむ一品ですよ♪

<材料>
・牛肉...300g(食べやすい大きさに切る)
・黄パプリカ...1/2個
・赤パプリカ...1/2個(食べやすい大きさに乱切りにする)
・油...大さじ1
・レタス...1/2個(幅5㎜位のせん切りにする)
・温泉卵...お好みで
【A】
・砂糖...大さじ2
・しょうゆ...大さじ2
・酒...大さじ2

<作り方>
①油をひいたフライパンを熱し、牛肉、パプリカの順に加えて炒める。
②①に【A】も加え、さらに炒める。
③器にしいたレタスに②を盛り付け、上に温泉卵をのせる。

キョーエイの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


・エースワン 「ブリの竜田揚げとじゃがいものあったかサラダ」
ブリの竜田揚げを温かいサラダに仕立てた、ユニークでおいしいメニューです。カラッと揚がったブリと、ホクホクのじゃがいもの食感がたまりませんよ♪
寒い日が続きますが、温かいサラダと冷えた「金麦」の相性は抜群です!

<材料>
・ブリ...2切れ(160g)(1切れを4つにそぎ切り)
・片栗粉...適量
・油...適量
・じゃがいも...大2個(電子レンジで加熱して皮をむく)
・玉ねぎ...1/2個(薄切り)
・人参....1/2本(薄い花型に切る)
・ミニトマト...2個(刻んでおく)
【A】
・酒...大さじ1
・みりん...大さじ1
・しょうゆ...大さじ1.5
・しょうが汁...小さじ1
【B】
・市販ドレッシング...150㏄
・パセリ...適量
・粒マスタード...小さじ1

<作り方>
①【A】にブリを漬ける。【B】には玉ねぎ、人参、トマトを漬けておく。
②漬けておいたブリを取り出し、表面の水気を軽く拭いて片栗粉をまぶしたら油で揚げる。
③じゃがいもの皮をむき、厚めの輪切りにする。
④ 器に漬けておいた玉ねぎを敷き、【B】の漬け汁をかける。
⑤④の上にブリを盛り付け、人参と好みでスライス玉ねぎを飾る。

エースワンの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


・生活協同組合コープかがわ 「讃岐もち豚の豚肉の3色フリッター」
紅生姜や青海苔の風味をまとった衣でジューシーな豚肉を包んだ、最高のおつまみです。付け合せに野菜も添えて色鮮やかに盛り付けましょう!ぜひ、讃岐のもち豚を使ってチャレンジしてみてくださいね。

<材料>
・豚ヒレ...320g(1cm幅に切り軽く叩く)
・塩...こしょう 少々
【衣】(合わせておく)
・小麦粉...大さじ6
・片栗粉...大さじ1      
・ベーキングパウダー...小さじ1    
・水・・・70cc
・マヨネーズ・・・大さじ1
・刻み紅生姜・・・60g
・青海苔・・・大さじ1
・フリルレタス・・・2枚
・ミニトマト・・・4個
・レモン・・・1/2個
・パセリ・・・適量

<作り方>
① 豚肉に塩こしょうをふっておく。
② 【衣】の材料を混ぜ合わせ、1/3量を別の容器に取り分けて青海苔を混ぜる。
③ 豚肉につける衣は好みに応じて紅生姜をまぶしたり、青海苔入りの衣をつける。
④180℃に熱した油で③を揚げ、野菜と合わせて盛り付ける。

生活協同組合コープかがわの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


・新鮮市場きむら 「瀬戸のもち豚とキャベツの重ね蒸し ピリ辛胡麻味噌ダレ」
豚肉と野菜が層になった目に楽しい1品です。豚肉と野菜の旨みが調和し、ホッと落ち着く味わい。豆板醤を効かせたピリ辛胡麻味噌ダレを付ければ、「金麦」がすすみますよ。ポイントは野菜を豚肉の幅に合わせて切ること。盛り付けたときに美しく仕上がります。

ぜひ、心地よい歯ごたえと柔らかな食感の「瀬戸のもち豚」を使ってお試しくださいね。

<材料>
・豚バラスライス...300g(12枚) (片面に小麦粉を薄くまぶす)
・人参...150g(豚肉の長さに合わせ薄切り)
・キャベツ...150g (豚肉の幅に合わせ長めに切る)
・うずら卵...8個(茹でておく)
・水...100cc
・鶏がら(顆粒)...小さじ2
・ごま油...小さじ1
・リーフレタス...適宜
【A】
・味噌...大さじ1
・すりごま...大さじ1/2
・砂糖...大さじ1/2
・みりん...大さじ2
・豆板醤...少々

<作り方>
①人参、キャベツはあらかじめレンジで加熱して少ししんなりさせておく。
②豚肉に①の人参、キャベツの順に重ねて3層にする。一番上には豚肉をのせて少し休ませる。
③ごま油を加えた鶏がらスープをフライパンで煮立たせ、②とゆで卵を入れて蓋を閉め、蒸し煮にする。
④ 火が通ったら取り出して食べやすい大きさに切り分ける。リーフレタスを飾った皿に盛り付け、ゆで卵も半分に切り、【A】をタレとして添える。

新鮮市場きむらの店舗情報はこちら(外部サイトにリンクします)


今回ご紹介したメニューのお供には、「金麦」がオススメ!
麦の味わいが愉しめて、後味のバランスがいい「金麦」は、どんな料理とも相性抜群ですよ。

香川の食材を使った冬にぴったりのレシピを、ぜひお試しくださいね♪

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

▼関連リンク
「金麦」のサイト

タグ 中四国ザ・ジモト食堂シリーズ

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ