中国・四国のおトクな情報が満載!中国・四国エリア情報 中国・四国エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2017/12/05

【島根ザ・ジモト食堂】島根のブランド肉「しまね和牛」を使ったレシピをご紹介!「金麦」片手に愉しもう♪

「金麦」にぴったりのジモト食をご紹介する「中四国ザ・ジモト食堂」シリーズ♪今回は、島根のブランド肉「しまね和牛」を使用した「牛肉とキャベツのキムチ鍋」と、「スピードすき焼き」のレシピをご紹介します。「金麦」片手に、ごちそうレシピを愉しみましょう!

■美しい霜降り肉「しまね和牛」を堪能しよう♪
「しまね和牛」は全国的に高い評価を受けているブランド肉。鮮やかな色合いと、きめ細やかな霜降り肉で、深いコクと風味豊かな味わいです。「しまね和牛」の大きな特長は、初めに口に含んだときの旨みが、普通の肉よりも長く持続するという点。その風味を活かすためには、調理方法にもちょっとしたこだわりが必要です!

まず、肉の持つ風味を損なわないために、火加減は最初から強火の遠火でじっくりと熱するのが基本。また、風味と肉の柔らかさを保つために、塩は最後に振るのがポイントです。
肉の持つ自然の味わいをうまく利用して「しまね和牛」のおいしさを引き出しましょう♪

それでは、味の素KK「レシピ大百科®」から、「しまね和牛」の味わいを活かした、とっておきのレシピを2つご紹介します♪


■肉と野菜の旨みが溶け合ったピリ辛スープ♪「牛肉とキャベツのキムチ鍋」

出典元:味の素KK「レシピ大百科®」

<材料>(4人分)
・牛こま切れ肉...300g
・キャベツ...1/4個(300g)
・厚揚げ...1枚
・まいたけ...1パック(100g)
・にら...1/2束
・もやし...1/2袋
・すり白ごま...少々
・糸唐がらし...少々
A
・水...4カップ
・「鍋キューブ」ピリ辛キムチ...4個

<作り方>
①キャベツはザク切りにし、厚揚げは8等分に切る。まいたけは小房に分け、にらは4cmに切る。
②鍋にAを入れて火にかける。
③煮立ったら、牛肉、もやし、①のキャベツ・厚揚げ・まいたけ・にらを加えて煮、火が通ったら、ごまをふり、糸唐がらしをのせる。

今回使用した「鍋キューブ」は、キューブ1個で1人前。簡単に味の濃さや作る量を調整することができて、とっても便利。
「ピリ辛キムチ」は、鶏だしをベースにキムチや赤みそなどで味付けされています。隠し味に魚醤を加え、コクと深みのある味わいになっていますよ!


■「スピードすき焼き」で簡単ごちそう♪

出典元:味の素KK「レシピ大百科®」

<材料>(4人分)
・牛こま切れ肉...200g
・木綿豆腐...1丁
・まいたけ...1パック
・ねぎ...2本
・しょうゆ...大さじ2
・「ほんだし」...小さじ山盛り1
・水...1/2カップ
A
・酒...大さじ2
・三温糖...大さじ2

<作り方>
1.①豆腐はキッチンペーパーにのせて水きりをし、ひとくち大に切る。まいたけは根元を切ってほぐし、ねぎは1cm幅の斜め切りにする。
②フライパンを熱し、牛肉を入れて強火でほぐし炒める。火が通ったら、Aをふり、ひと 混ぜして器に取り出す。
③同じフライパンに①の豆腐を入れて強火で焼きつける。しょうゆを加え、香りがたったら①のまいたけ・ねぎを加え、上に②の牛肉を広げてのせ、1分煮る。
④「ほんだし」と水を加えて煮立ったら、煮汁をかけながら2~3分煮る。汁にとろみがついたら浅めの器にうつして盛る。

今回使用した「ほんだし®」は香り、コク、味わいに優れた3種のかつお節を使用した和風だしの素。さっと入れるだけで、様々な和食メニューの味付けを手軽に仕上げる事が出来ますよ!
豊かな麦の味わいが特長の「金麦」は、「しまね和牛」の風味豊かな味わいと相性抜群!

島根が誇るブランド肉「しまね和牛」。肉の旨みを引き出すレシピで、贅沢なひと時をお過ごしください♪

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

▼ 関連リンク
「金麦」のサイト

タグ 中四国ザ・ジモト食堂シリーズ

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ