中国・四国のおトクな情報が満載!中国・四国エリア情報 中国・四国エリアのイベントやキャンペーン情報をご紹介します。

お知らせ

2017/12/05

【烏取ザ・ジモト食堂】鳥取の冬の味覚「松葉ガニ」を堪能!「金麦」で乾杯しよう♪

「金麦」にぴったりのジモト食をご紹介する「中四国ザ・ジモト食堂シリーズ」。
今回は、冬の鳥取を代表する食材・松葉ガニを贅沢に使用した「カニ鍋」と「ふわふわかに玉」のレシピをご紹介します。ぜひお試しくださいね!

■冬が旬♪鳥取の松葉ガニ

※写真は鳥取県内の水揚げされる松葉ガニ

大きな殻に身がぎっしり詰まった松葉ガニは、鳥取を代表する冬の味覚。ズワイガニのうち、成長した雄は「松葉ガニ」と呼ばれます。歯ごたえと上品な旨みのある松葉ガニは、茹でても焼いても食べ応え抜群!ゆでガニ、カニすき、雑炊のほか、焼き蟹などで楽しめます。新鮮なものは刺身でいただくと、独特のとろっとした食感と甘さが味わえますよ。

中のミソもお酒やご飯のお供にぴったり! みそ汁や炊き込みご飯など、普段の食卓でも大活躍します♪

それでは、味の素KK「レシピ大百科®」から、松葉ガニを使用した絶品レシピをご紹介します!


■身体の芯から温まる!出汁が効いた「カニ鍋」

出典元:味の素KK「レシピ大百科®」

<材料>(4人分)
・カニの足...8本
・木綿豆腐...200g
・白菜...1/4株
・白ねぎ...1本
・にんじん...1/4本
・しいたけ...4個
・えのきだけ...1袋
・春菊...1/2束
【鍋つゆ】
・「鍋キューブ」寄せ鍋しょうゆ...4個
・水...720ml

<作り方>
① 豆腐をひとくち大に切る。白菜はザク切りにし、ねぎは斜め薄切りにする。にんじんは薄い輪切りにし、しいたけは半分にそぎ切りにする。えのきだけは根元を切ってほぐす。春菊は葉を摘み、食べやすい長さに切る。
② 鍋に【鍋つゆ】を入れて火にかけ、煮立ったら、カニと、①の豆腐・白菜・ねぎ・にんじん・しいたけ・えのきだけを加えて煮る。
③ 全体に火が通ったら、①の春菊を加えてひと煮立ちさせる。
今回使用した味の素商品「鍋キューブ」は、キューブ1個で1人前の便利な鍋つゆの素です。「寄せ鍋しょうゆ」は、鶏がらと帆立貝柱のだしを絶妙なバランスで合わせた、まろやかな味わいですよ!


■ほっとする優しい味わい「ふわふわカニ玉」

出典元:味の素KK「レシピ大百科®」

<材料>(2人分)
・カニの足...80g
・卵...4個
・酒...大さじ1
・「瀬戸のほんじお」...適量
・こしょう...適量
・ゆでたけのこ...60g
・白ねぎ...1/3本
・「丸鶏がらスープ」...小さじ1/2
・「AJINOMOTO ごま油好きのごま油」...少々
・「AJINOMOTO サラダ油」...大さじ 2・1/2
A
・水...2/3カップ
・片栗粉...大さじ1/2
・酒...大さじ1/2
・「瀬戸のほんじお」...小さじ1/4
・こしょう...少々

<作り方>
① カニの足は軟骨を取り、長さを半分に切って、粗くほぐす。
②たけのこは3mm幅のせん切りにし、ねぎはタテ半分に切り、3~4mm幅の斜めせん切りにする。
③ボウルに卵を割りほぐし、塩・こしょうで調味して混ぜる。
④フライパンに油を熱し、②のたけのこ・ねぎ、①のカニを加えて炒める。酒をふり、軽く塩・こしょうをして③の溶き卵に加えて混ぜる。
⑤フライパンで油をよく熱し、④を一度に流し入れる。
大きくかき混ぜ、半熟状になったらヘラで4等分にして、裏返してサッと焼き、カニ玉を作り、4枚重ねて器に盛る。
⑥鍋に「丸鶏がらスープ」、Aを入れてスプーンで混ぜ、弱火にかけてトロリとするまで混ぜながら煮る。最後にごま油を加えてあんを作り⑤のカニ玉にかける。

今回使用した、「瀬戸のほんじお」は、素材の味をひきたててくれる名脇役。鶏肉とガラをじっくり煮だした本格的な味わいの「丸鶏がらスープ」は、鍋だけでなく普段の料理の仕上げにもぴったりです♪ぜひ試してみてくださいね!
麦の味わいが愉しめる「金麦」は、もちろんどちらのレシピとも相性抜群です。おいしい松葉ガニと一緒に、「金麦」で仲間や家族と乾杯はいかがでしょうか♪

鳥取を代表するジモト食・松葉ガニ。ぜひ旬のおいしさを堪能してくださいね。

※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪

▼ 関連リンク
「金麦」のサイト

タグ 中四国ザ・ジモト食堂シリーズ

コメント

他のエリアを見る
地域情報トップへ

ページの先頭へ